検索図書の詳細

書名 星落ちて、なお
著者名 澤田瞳子 著
書名よみ ホシ オチテ ナオ
著者名よみ サワダ トウコ
出版社 文藝春秋
出版年 202105
ページ 321p
サイズ 20cm
請求記号 913.6サ
ISBN 978-4-16-391365-0
受入日 2021/09/10

openBD書誌情報から

鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。
【第165回直木賞受賞作!】 鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。 不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれない。 暁斎の死によって、これまで河鍋家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。兄はもとより、弟の記六は根無し草のような生活にどっぷりつかり頼りなく、妹のきくは病弱で長くは生きられそうもない。 河鍋一門の行末はとよの双肩にかかっっているのだった――。
 

なるたき図書館ホームページ へ