検索図書の詳細

書名 防災アプリ特務機関NERV 最強の災害情報インフラをつくったホワイトハッカーの10年
著者名 川口穣 著
書名よみ ボウサイ アプリ トクム キカン ネルフ サイキョウ ノ サイガイ ジョウホウ インフラ オ ツクッタ ホワイト ハッカー ノ ジュウネン
著者名よみ カワグチ ミノリ
出版社 平凡社
出版年 202202
ページ 287p
サイズ 19cm
請求記号 369.3カ
ISBN 978-4-582-82493-3
受入日 2022/06/22

openBD書誌情報から

利用者180万人、「NHKよりも早く正確」と評判の防災アプリ&ツイッターアカウント「特務機関NERV」開発秘話が明らかに。
-------------------------------------------------------------------------- 「どんな速報より早く正確」と評される、 206万ダウンロードの防災アプリ「特務機関NERV(ネルフ)」の開発秘話。 石巻市出身の稀代のホワイトハッカー、石森大貴の情熱が防災を変える! -------------------------------------------------------------------------- 「謎の災害速報アカウント」――。  かつてそう呼ばれたツイッターアカウント「特務機関NERV」は、今や社会インフラになった。ツイッターフォロワー数140万人、スマホアプリダウンロード数206万。地震情報や気象警報のツイートはNHKニュース速報よりも速い。   「特務機関NERV」とはもともと、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する国連直属の非公開組織の名だ。作中では、敵「使徒」のせん滅を主要任務とする超法規的組織として描かれる。   アカウントの始まりは2010年。その「エヴァ」ファンの大学生が「遊び」で始めたアカウントだった。だが、2011年の東日本大震災がNERVアカウントを大きく変える。   「中の人」石森大貴は宮城県石巻市出身。高校卒業まで暮らした実家は全壊し、慕っていた伯母や知人を亡くした。以来、彼は「防災情報配信」に全力を傾けるようになる。   自身が経営するITセキュリティ会社「ゲヒルン」で気象庁本庁舎内に専用線を敷き、プログラムの修正を繰り返した。   そして2019年にはついにスマホアプリをリリース。2021年2月の福島県沖地震の際、気象庁の緊急地震速報を受信・解析し、対象地域にいるアプリ利用者を選んで情報を送り始めるのにかかった時間はわずか0.466秒だった。スピードにかける先にあるのは、「逃げるための『情報』を、できる限り早く届けたい」という信念だ。   エヴァンゲリオン版権元も彼らの活動と情熱を認め、名称の使用を許可してきた。 「遊び」から社会インフラへ。  情報のスピードと質、そして幅広さを求める彼らの挑戦はなおも続く。  石森大貴とゲヒルンが、情報と防災にかけた10年の歩みを追いかける。 ◇目次◇ 序 章:最速の防災アカウント 第一章:3月11日 第二章:熱意と技術 第三章:Lアラートと作画システム 第四章:起業と経営 第五章:防災アカウントとして 第六章:災害と、新たな挑戦 第七章:「情報では命を救えない」 第八章:哲学と実装 第九章:特務機関NERV防災アプリ 終 章:反省とは、未来を考えること [寄稿]『防災アプリ 特務機関NERV』刊行によせて/石森大貴 [年表]特務機関NERVの歩み
 

なるたき図書館ホームページ へ